現在の賃貸経営による土地活用

賃貸経営による土地活用は土地を持っている方なら、一度は考えたことがあると思います。



大家さんになって、不労収入で苦労せずに生活をするというのは誰でも憧れるものです。


しかし、現実には賃貸経営は簡単ではありません。

現在の賃貸経営による土地活用の実態をご説明します。
賃貸経営は建築費用をアパートローンで組み、それを毎月家賃収入で返済していくものです。



つまり家賃が高い場所でないと、プラスの収支が出ません。

家賃が高い場所というのは立地のいい場所ということになります。



また、家賃が高くとれる場所であろうが、低くしかとれない場所であろうが、建物の建築費は変わりません。



最近では賃貸住宅の物件数が多くなっており、競争が激しくなっています。
東京都内23区で駅から15分以内ならば、入居者の需要もあり、借り手がいるので何とか収支がプラスになりますが、神奈川、千葉、埼玉で交通の便があまりよくない場所では入居が入らず、収支がマイナスになるということもあります。

さらに、関東以外の地方での賃貸経営は基本的に大地主が節税対策をするためのものです。

賃貸住宅を建築すると土地の固定資産税が減ります。

つまり大地主は土地の固定資産税だけでもかなりの税金を取られるので、賃貸経営の収支がマイナスでも土地の固定資産税が減った分で得をするということになります。

現在の市場では賃貸経営は非常に厳しくなってきています。



土地活用をされる方のほとんどが税金対策です。つまり、元からお金がいっぱいあって、無駄に税金を取られたくないという方が土地活用をしているということになります。



土地活用を検討する際には自分の土地がどのような土地なのか、そもそも自分はやるべきなのかをよく検討することをおすすめします。

関連リンク

収益を上げるための土地活用の種類について

将来に何が起こるかわかりませんので、不測の事態に備えて年金不安や雇用不安を解消する目的として、土地活用を行って安定した収益を上げることは大切なプランとなります。雇用や年金の状況というものは未来になってみないと、どのような環境の変化が起こっているか予測することは難しいですので、土地活用をすることで収益を得ることが安心を手に入れることができる近道と言えます。...

more

土地活用駐車場について

土地活用をする際に一番早く収入にする事ができるのはどのような方法になってくるのでしょうか。一番早く収入を得る事ができる土地活用方法は駐車場にする事です。...

more
top